ゼニカル徹底調査

通販で買えるゼニカルジェネリックを徹底比較!

ゼニカルジェネリック比較

通販でゼニカルを購入している方は、ジェネリックも検討してみてはいかがでしょうか?
ジェネリックとは、先発薬であるゼニカルと同じオールスタットを有効成分として配合している医薬品です。

ゼニカルには、通販で購入できるジェネリックが数多く存在します。
ジェネリックは総じてゼニカルよりも安い価格で販売されていますので、ダイエットにかかる費用の節約に役立ちます。

このページでは、私自身が様々なゼニカルジェネリックを試した経験から、おススメの製品を紹介します。

ゼニカルのジェネリックの比較

実際にゼニカルとジェネリックを比較することで、それぞれの違いが浮彫になります。
以下の表は、ゼニカルと、私が実際に使用したことのあるジェネリックを3つの項目で比較した表です。

※通販価格については、すべてのジェネリックの取り扱いがあった「あんしん通販マート」の価格を載せています。実際には通販サイトごとによって、それぞれの価格は違います。

商品名入数通販価格1錠あたり
ゼニカル84錠13,480円160円
オルリガル84錠9,280円110円
スリムトリム30錠4,980円166円
ビーファット10錠2,980円298円
オベリット30錠4,380円146円
オリサット30錠6,480円216円

それぞれ入数が異なりますので、単純な通販価格の比較でジェネリックの優劣を決めることはできません。ジェネリックを選ぶ際には、自分が求めている数量を出来るだけ安く購入できる製品を見つけましょう。

①オルリガル:コスパ最強!1錠あたり最安値

オルリガルは、コストパフォーマンスが最も優れているジェネリックです。ゼニカルと同じく84錠入りであり、ジェネリックの中では入数が最も多くなっています。それゆえに1箱あたりの単価で比べるとあまり安くありませんが、1錠あたりに換算した場合には最安値になります。

オルリガルは、高い使用頻度が見込まれる人におススメのジェネリックです。私の経験上では「脂質が高い食事の時だけ飲む」という使い方をすると、なかなか84錠を使い切れません。オルリガルのコスパは錠剤を使い切ることによって、はじめて発揮されます。

②スリムトリム:コスパと入数のバランスが◎

スリムトリムは、個人的には最も「ちょうど良い」と感じるジェネリックです。
30錠入りの使い切りやすいサイズ感と、5,000円以下で購入できるコスパが両立されています。

30錠入りのジェネリックは、毎食使うような使用頻度が高い人では少なく感じるかもしれません。
しかし「週末だけ使う」くらいの頻度で考えている人であれば、1箱で半年くらい持ちます。
ゼニカルの使用頻度は人それぞれ違いますので、自分に合った量のジェネリックを見つけることが大切です。

③ビーファット:お試しに最適!3,000円以下で買える

ビーファットは、1箱あたりの単価が最も安いジェネリックです。
1箱あたり3,000円以下で購入できます。1箱10錠入りとなっており、入数が少ないのでコストパフォーマンスを求める人には不向きのジェネリックです。

ビーファットが向いているのは、オーリスタットを配合したダイエット薬の使用が初めての人です。オーリスタットは人によって、合う合わないがはっきりと分かれます。1箱の単価が安いビーファットは、お試し購入にピッタリなジェネリックです。

④オベリット:効き目が優しい半用量のジェネリック

オベリットは、1錠中に含まれるオーリスタットの用量が半分で作られているジェネリックです。
ゼニカルやその他のジェネリックの含有量が120mgであるのに対して、オベリットの含有量は60mgとなっています。

オベリットは、ゼニカルでは刺激が強すぎると感じる人の使用に適したジェネリックです。成分の含有量が少なくなっていることで、お腹への刺激が優しくなっています。
以前にゼニカルを使用した際、お腹の緩みが激しいと感じた経験のある人は、オベリットが合うかもしれません。

ゼニカルとジェネリックの効果は同じなの?

低用量のオベリットを除いて、ゼニカルジェネリックには、ゼニカルと同等の効き目が見込めます。実際にこのページで紹介したジェネリックは、全て私自身が使用した経験がありますが、特別効き目が低いと感じた製品はありませんでした。

そもそもジェネリックとは、先発薬の特許が切れた後から、同じ有効成分で作られた医薬品のことです。このページで紹介したジェネリックも、全てオーリスタットを有効成分として作られており、ゼニカルの特許期間が切れた後から販売開始されたものです。

臨床試験で有効性と安全性が確認されているオーリスタットを配合することで、ゼニカルと同等の効果を発揮します。

ジェネリックの価格が安い理由

ジェネリックは、安いからといって手抜き製造されているわけではありません。ジェネリックが比較的安い価格で販売されている理由は、先発薬と比べて開発にかかるコストが低いためです。

先発薬とジェネリックでは、販売に至るまでにかかるコストに大きな違いがあります。

先発薬の場合は、基本的にゼロから生み出すことになります。その成分の有効性や安全性を実証するため、長い研究期間をかけていくつもの臨床試験を行わなくてはなりません。その開発にかかるコストは莫大なものになるため、開発費を回収するためにも、薬の値段を高く設定せざをえないのです。

ジェネリックでは、すでに先発薬のデータがある所からスタートになりますので、いくつかの試験をパスすることができます。
試験や研究にかかる費用がだいぶカットされますので、先発薬よりも安い価格で販売しても回収ができるのです。
以上、ジェネリックが安い理由でした。